2013年1月 1日 (火)

二度とない人生だから

本年もどうぞ宜しくお願い致します

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている
二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、
励ましてくれたりしています。

 当方は相変わらず、元気だけが取り柄ですが、
昨年は、中級マジシャンに合格し、マジックで東北ボランティアツアにも
参加することが出来ました。
子供達のキラキラした笑顔がとても印象的で、うれしく思っています。

今年もまた、経費削減のお手伝いや人の役立つ情報の提供を
行って行きたいと思っています。

なお昨年は、
東京スカイツリー開業、ロンドンオリンピック、
山中教授のノーベル賞受賞といった明るく楽しい話題があった中、
竹島・尖閣諸島、北朝鮮の脅威、消費税の行方等、
今後に大きく影響を及ぼしそうな課題も多々ありました。

身近なリスク管理等を含め、
しっかりと足元を見つめて行かなくてはいけないように思います。

・・・そういうことを思いながら、年の初めにあたり、
今年もゆっくりと、この詩を読み返してみたいと思います。

  《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう


    二度とない人生だから
    一匹のこおろぎでも
    ふみころさないように
    こころしてゆこう
    どんなにか
    よろこぶだろう


  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう


    二度とない人生だから
    まず一番身近な者たちに
    できるだけのことをしよう
    貧しいけれど
    心豊かに接してゆこう


  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう


    二度とない人生だから
    のぼる日しずむ日
    まるい月かけてゆく月
    四季それぞれの
    星の光にふれて
    わがこころを
    あらいきよめてゆこう


  二度とない人生だから
  戦争のない世の
  実現に努力し
  そういう詩を
  一遍でも多く
  作ってゆこう
  わたしが死んだら
  あとをついでくれる
  若い人たちのために
  この大願を
  書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

人間は死ぬものだ・・・

今日、親友が亡くなった。
 
今年の2月に友人から連絡があって急いでお見舞いに行ったときは、
末期癌とのことだった。

あれから約3ケ月になるが、ついに、訃報の連絡が届いた。
 
10日ほど前に病院にお見舞いに行ったときは、少々辛そうだったが、
まだ元気に冗談も言えていたのに・・・。
 
人間は死ぬものだとあらため実感する。

生きているうち、生かされているうちに、
自分なりの悔いなく人生を送らなくてはいけないと思う。
 
・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

二度とない人生だから

慎んで新年のご挨拶を申し上げます

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている
二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、
励ましてくれたりしています。

 昨年は、一瞬にして多くの尊い命が失われてしまうという大震災が
あり、その後も原発の後遺症や欧州危機の深刻化もあって、
厳しい状況となってしまいましたが、
「健康であること、生かされていることのありがたさ」を、
義兄のことも含め、強く実感する一年でもありました。

今年も健康に感謝して、悔いなき一年となるように
努力して行きたいと思っています。

そんなことを思いながら、年の初めにあたり、
今年もゆっくりと、この詩を読み返してみたいと思います。

  《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう


    二度とない人生だから
    一匹のこおろぎでも
    ふみころさないように
    こころしてゆこう
    どんなにか
    よろこぶだろう


  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう


    二度とない人生だから
    まず一番身近な者たちに
    できるだけのことをしよう
    貧しいけれど
    心豊かに接してゆこう


  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう


    二度とない人生だから
    のぼる日しずむ日
    まるい月かけてゆく月
    四季それぞれの
    星の光にふれて
    わがこころを
    あらいきよめてゆこう


  二度とない人生だから
  戦争のない世の
  実現に努力し
  そういう詩を
  一遍でも多く
  作ってゆこう
  わたしが死んだら
  あとをついでくれる
  若い人たちのために
  この大願を
  書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

何も無い状態で、本当の凄さは想像できない・・・被災地

三連休なので、夜中に家を出発して、
入院している義理の兄のお見舞いに
山形まで行って来た。
 
途中、仙台で少し回り道をして、
宮城県石巻市に寄って来ることにした。
 
何が出来るわけでないが、
自分の目で確かめておきたいと思い、
お花とお線香を持って、
被災地でお参りをして来た。
 
台風の影響があり、道は陥没していて、
ようやく片側が通れたと思っていたら、
倒れた木等で道が寸断されていたりと、
海岸沿いの県道では、
石巻から先には進めず、
台風ですらこんな状態なので、
震災当時はいたるところが
分断されていたのだと思う。
 
やはり悲惨な状況で、
道路沿いのお店や住宅街の家々は
グチャグチャになっていたり、
むしろ1階は何も無かったりもしていた。
 
また野原状態の中に、
家の土台部分らしきものが見えたり、
コンクリートの鉄棒が根元だけ残っていたりと、
一体ここに
住居や建物があったのかどうかすら分からず、
本当の凄さは想像を絶するものかと思う。
 
 
「生きていればこそ、何かが出来る、
               きっと何でも出来る」
 
・・・これが、残されている者の実感だった。
 
               合掌

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

年の初めに・・・二度とない人生だから

あけましておめでとございます。

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている
二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、
励ましてくれたりしています。

昨年は南米チリでの落盤事故で、なんと17日後に
「33人全員が元気」という文字がドリルの先から見つかり、
70日ぶりに全員が救出されるということがありました。

地上と断絶されていた地下では、想像を絶するような極限に達していたかと思います。

きれいごとでは語れないようなすごいこともあったのかもしれませんが、
このような状態でのチームワーク、リーダーの存在等人間のパワーのすばらしさも心強く感じました。

厳しい昨今ではありますが、彼らの英知と力強い信念を見習って、
今年も頑張って行きたいと思います。

そういうことを思いながら年の初めにあたり、
ゆっくりとこの詩を読み返してみたいと思います。

  《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう


    二度とない人生だから
    一匹のこおろぎでも
    ふみころさないように
    こころしてゆこう
    どんなにか
    よろこぶだろう


  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう


    二度とない人生だから
    まず一番身近な者たちに
    できるだけのことをしよう
    貧しいけれど
    心豊かに接してゆこう


  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう


    二度とない人生だから
    のぼる日しずむ日
    まるい月かけてゆく月
    四季それぞれの
    星の光にふれて
    わがこころを
    あらいきよめてゆこう


  二度とない人生だから
  戦争のない世の
  実現に努力し
  そういう詩を
  一遍でも多く
  作ってゆこう
  わたしが死んだら
  あとをついでくれる
  若い人たちのために
  この大願を
  書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

二度とない人生だから・・・年の初めに

あけましておめでとございます。

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている「二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、励ましてくれたりしています

さて、私にとりまして昨年は模索の1年でした。

多くのセミナーや合宿に参加したり、顧問先の会社にて、年商500億円超企業への経費削減提案や、ビルオーナーの方への固定資産税評価額是正のご紹介をさせて頂いたり、カウンセリングの先生と一緒に自律神経失調症解消プログラムを作成したり、そして暮れにはテレビCMに出させてもらったりと、色々なことにトライして来ました。

これらの蒔いた種が、少しずつ実りとなってくれば良いナアと思っています。

今年も前向きに、一歩一歩着実に歩んで行きますので、どうぞ宜しくお願いします。

    《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう

   二度とない人生だから
   一匹のこおろぎでも
   ふみころさないように
   こころしてゆこう
   どんなにか
   よろこぶだろう

  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう

   二度とない人生だから
   まず一番身近な者たちに
   できるだけのことをしよう
   貧しいけれど
   心豊かに接してゆこう

  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう

   二度とない人生だから
   のぼる日しずむ日
   まるい月かけてゆく月
   四季それぞれの
   星の光にふれて
   わがこころを
   あらいきよめてゆこう

     二度とない人生だから
     戦争のない世の
     実現に努力し
     そういう詩を
     一遍でも多く
     作ってゆこう
     わたしが死んだら
     あとをついでくれる
     若い人たちのために
     この大願を
     書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

映画「ココ・シャネル」

家内と映画「ココ・シャネル」を見て来たが、映画館に入るとほとんど女性で一杯だった。

孤児として育ちながら固い意志を秘めて、後に世界的なファッション・デザイナーとなるガブリエル・ココ・シャネルの波乱に満ちた人生の話だった。

ロマンと新しい女性像、ファッションを通しての女性の解放、ビジネスそして自由と成功
  ・・・そこには彼女の強い意志があった。

人それぞれ、
一度しかない自分の人生、
二度とない自分の人生を
大切にしなくてはいけないと思った。

・・・★★★

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

二度とない人生だから・・・年の初めに

あけましておめでとございます。
年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている「二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。
人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、励ましてくれたりしています

昨年はリーマンショックを始めとして、100年に一度の金融危機に世界経済が大揺れとなりました。
経済環境や雇用情勢は一気に厳しくなってしまいましたが、何事もプラスにとらえて今年も前向きな一年となるように頑張って行きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

《二度とない人生だから》

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛を
そそいでいこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳を
かたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないように
こころしてゆこう
どんなにか
よろこぶだろう

二度とない人生だから
いっぺんでも多く
便りをしよう
返事は必ず
書くことにしよう

二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
心豊かに接してゆこう

二度とない人生だから
つゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめてみつめてゆこう

二度とない人生だから
のぼる日しずむ日
まるい月かけてゆく月
四季それぞれの
星の光にふれて
わがこころを
あらいきよめてゆこう

二度とない人生だから
戦争のない世の
実現に努力し
そういう詩を
一遍でも多く
作ってゆこう
わたしが死んだら
あとをついでくれる
若い人たちのために
この大願を
書きつづけてゆこう

- 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

また大きな自然災害

朝方、一関市近辺で岩手・宮城内陸地震があったとのことで、夕刊の記事を見てその大きさに驚いた。

朝からセミナーに出かけていたので気がつかなかったのだが、最近富に世界的規模での大きな自然災害や先週の秋葉原無差別殺人のような悲惨で不合理な事件が多くなってしまった。

一寸先に何があるか分からない・・・。
なかなか「あたり前なこと」には気がつきにくいが、「健康であること、そしていつもどうりで居られること」に感謝しなくてはいけないナア・・・と思った。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

悔い無き人生に

家内と「最高の人生の見つけ方」という映画を見に行く。

癌に侵されて余命いくばくもないと宣告された病棟の二人が、夢見た人生をあきらめるのはまだ早いと、やりたいと思っていた項目を「棺おけリスト」として書き出し、残された人生にトライして行くという話だった。
人間には必ず死が訪れるのだから、悔いの無いようやり残しのない人生を意識していかなくてはいけないなあと思った。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)