2006年12月 1日 (金)

家内と一緒にさだまさしコンサート

今日は、仕事が忙しかったが、なんとか定時で終わるように頑張って、夕方渋谷のNHKホールへさだまさしのコンサートに向うが、30分遅れで間に合った。

家内はさだまさしの大ファンで、毎年夏恒例の長崎さだまさしコンサートには毎年出かけている。
一番遠くはロサンジェルスのコンサートまで追っかけている。
私は、年1~2回はつきあって聞きに行っているが、彼のトークに共感するところも多々あるのも事実。

今回の裏テーマは「友達」とのことで、亡くなった友人の話を明るく話していた。
「残された人は一歩でも遠くへ歩いて行きたい。」
また「日本人が人のいないところでその人の悪口を言ってしまうという陰口がなくなったら、もっと良い日本ができるのにナア。」・・・とも話していた。
もっと色々書きたいのだけれど、文章にすると彼の心がうまく伝わらないのでここまでにしておこうと思うが、とても良かった。

今回は前から2列目の席で見ることが出来たが、よく見れば私と同じ、ちょっとふっくらした中年のおじさんではないか!」
私も彼を見習って、人生に真摯に、そして前向きに生きていければイイナアと思った。
元気をもらった素敵なコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)