« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月26日 (木)

病は気から:  病は自分で作り 自分で治す

千葉の病院に勤める医師から、セミナーを開くという連絡があり、
急きょ参加させてもらうことにした。

「病は気から:  病は自分で作り 自分で治す」
というテーマだったが、とても参考になった。

医学部では、心と体の関係をほとんど習わずに来てしまったが、
あることをきっかけに、多くの病は心のあり方から来ているということに
気がついたと言う。

多くの事例がたくさんあって、とても興味深く、また楽しく話を聴くことが
できた。

また、セミナーが終わってから食事を御馳走になったのだが、
もう一人同席された方がこれまた凄い方で、旧財閥のご子息であり、
ほんの少し前まである会社の社長をやっており、若いころは有名な
グループサウンズも結成していたことがあるという方でした。
開運を自分で導き出すことができるようにピンクやゴールドの色を
積極的に身にまとうようにしているという。

私もすぐに実行できるという訳にはいかないが、なかなか面白い
お話を聞かせて頂き、楽しいひと時を過ごすことができた。

私もちょっぴりトライしてみようかと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

癌にちょっとくらい良くても、イイじゃないか!

家内と一緒に丸山ワクチンに関するセミナーを聞きに行って来た。
 
権威のある先生方の話の中で、
「玄米等、色々食事療法も試みてきたが、最近は、あまりこだわらずに
おいしいと思って食べるのが、良いのではないかと思うようになった。」
という話があり、ナルホドだなあと思った。

また、会場から、
「○○は癌に良いとのことですが、逆に癌を進行させてしまうこともある
と聞いたのですが、如何でしょうか?」
という質問があり、
これに対して、
「体にたくさん良いことがあるのだから、癌にだってちょっとくらい
 良いことがあったってイイじゃないですか?!」
・・・なんていう講師の回答もあり、
まさしくこれが癌と共存していくということなのかと思った。

癌に対してもビクビクしてばかりいるのではなく、
これくらいの度量がないといけないのかとも思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

弘前さくらまつりと黒石のつけ焼きそば

夜中に東京を出て、山形で義理のお兄さんと合流して、
青森の家内の実家に行くことにした。
 
途中、弘前のさくらまつりを見て行くことにした。
 
いつもは途中で観光めぐりをすることなどはないのだが、
今回はちょうどさくらまつりの時期と重なったので、
寄ってみることにした。
 
流石、桜も満開でとてもきれいであり、人も多かったが、
城内の出店に、B級グルメで紹介されていた
「黒石のつけ焼きそば」があり、とてもおいしかった。

その他、地元きゅうりの漬物などを食べ歩きながら、
さくらを満喫した。

夜、6時過ぎには、青森県下北半島の大畑町に到着できた。

2泊3日ではあるが、家内の母が健在なので、
母孝行ができれば良いナアと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »