« 横断歩道で大転び・・・なんと一回転 | トップページ | 年内最初のジョギング »

2011年1月 1日 (土)

年の初めに・・・二度とない人生だから

あけましておめでとございます。

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている
二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、
励ましてくれたりしています。

昨年は南米チリでの落盤事故で、なんと17日後に
「33人全員が元気」という文字がドリルの先から見つかり、
70日ぶりに全員が救出されるということがありました。

地上と断絶されていた地下では、想像を絶するような極限に達していたかと思います。

きれいごとでは語れないようなすごいこともあったのかもしれませんが、
このような状態でのチームワーク、リーダーの存在等人間のパワーのすばらしさも心強く感じました。

厳しい昨今ではありますが、彼らの英知と力強い信念を見習って、
今年も頑張って行きたいと思います。

そういうことを思いながら年の初めにあたり、
ゆっくりとこの詩を読み返してみたいと思います。

  《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう


    二度とない人生だから
    一匹のこおろぎでも
    ふみころさないように
    こころしてゆこう
    どんなにか
    よろこぶだろう


  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう


    二度とない人生だから
    まず一番身近な者たちに
    できるだけのことをしよう
    貧しいけれど
    心豊かに接してゆこう


  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう


    二度とない人生だから
    のぼる日しずむ日
    まるい月かけてゆく月
    四季それぞれの
    星の光にふれて
    わがこころを
    あらいきよめてゆこう


  二度とない人生だから
  戦争のない世の
  実現に努力し
  そういう詩を
  一遍でも多く
  作ってゆこう
  わたしが死んだら
  あとをついでくれる
  若い人たちのために
  この大願を
  書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

|

« 横断歩道で大転び・・・なんと一回転 | トップページ | 年内最初のジョギング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185362/38326215

この記事へのトラックバック一覧です: 年の初めに・・・二度とない人生だから:

« 横断歩道で大転び・・・なんと一回転 | トップページ | 年内最初のジョギング »