« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月27日 (水)

落ち込みながらも、反省か・・・

一昨日、ある人を介して社長からビジネス企画のお話をお聞きしたので、
早速人に伝えながら平行して、
質問や私見をメールで伝えさせてもらっていたところ、
その社長より

「失礼なメールだ!」

とのお叱りが携帯電話にあった。

質問に対して、
「そもそも細かく聞くこと自体、あなたが言うべきことではない。
自分の立場をわきまえてほしい。」
と言われてしまった。

私としては、良かれと思って、
意見をお伝えしていたつもりだったのに、
このように受け取られてしまい、
とても残念だった。

今さらながらに、人と接することの難しさをあらためて感じる。

ちょぴり落ち込んでしまったが、
意に反して受取られてしまったことは、

やはり

「私の不徳の至りだ!」

大いに反省。

今後の糧にして行かなくては行けないと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

ブログコメントの方にお会いできました

今日、昨年TVコマーシャルに出演させてもらった会社の新年会があった。

昨年CMに出たとき、
「初めてのテレビCM出演」と、ブログに書いたところ、

TOSIさんという方から、
「私もこのCMに出ました。
 60歳を過ぎてこういう体験をすることになろうとは予想外。
 人生って不思議ですね。」
というコメントをもらった。

それに対し、
「コメントありがとうございます。
  TOSIさんとはどこでのご縁でしょうか?
 もし宜しかったら、 ykhase@yahoo.co.jp にメールを頂けないでしょうか?」
と書いておいたのだが、
どうもうまくコメントを送れなかった形跡があり、
一体どなたなのだろうかと気になっていた。

そんな中、今日の新年会でお声を掛けていただき、
初めてお会いすることが出来た。

ずっと気になっていたので、お会いできて本当に良かったと思う。

人生って色々なご縁があるものだと思う。

そんなご縁を大切にして行きたい・・・。


(つぶやき:ひさしぶりのブログになってしまった。
 こんなことではイカンなあ!)

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

みんなでワイワイ楽しい新年会でのスタート

今年も、姉と妹の家族そしてその甥っ子夫婦も含めての楽しい新年会が出来た。

子供たちはみんなで人生ゲームをやりながら、楽しそうだった。

こうして毎年、三家族が一同に集まれることが、とてもうれしいことだ。

そして、みなが健康であることに感謝したいと思った。

健康であることを大切にして、今年も元気に頑張って行きたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

二度とない人生だから・・・年の初めに

あけましておめでとございます。

年の初めですので、今年もこのブログのサブタイトルにもなっている「二度とない人生だから」の詩を紹介させて頂きます。

人生のところどころで、この詩の一節が自分を元気付けてくれたり、励ましてくれたりしています

さて、私にとりまして昨年は模索の1年でした。

多くのセミナーや合宿に参加したり、顧問先の会社にて、年商500億円超企業への経費削減提案や、ビルオーナーの方への固定資産税評価額是正のご紹介をさせて頂いたり、カウンセリングの先生と一緒に自律神経失調症解消プログラムを作成したり、そして暮れにはテレビCMに出させてもらったりと、色々なことにトライして来ました。

これらの蒔いた種が、少しずつ実りとなってくれば良いナアと思っています。

今年も前向きに、一歩一歩着実に歩んで行きますので、どうぞ宜しくお願いします。

    《二度とない人生だから》

  二度とない人生だから
  一輪の花にも
  無限の愛を
  そそいでいこう
  一羽の鳥の声にも
  無心の耳を
  かたむけてゆこう

   二度とない人生だから
   一匹のこおろぎでも
   ふみころさないように
   こころしてゆこう
   どんなにか
   よろこぶだろう

  二度とない人生だから
  いっぺんでも多く
  便りをしよう
  返事は必ず
  書くことにしよう

   二度とない人生だから
   まず一番身近な者たちに
   できるだけのことをしよう
   貧しいけれど
   心豊かに接してゆこう

  二度とない人生だから
  つゆくさのつゆにも
  めぐりあいのふしぎを思い
  足をとどめてみつめてゆこう

   二度とない人生だから
   のぼる日しずむ日
   まるい月かけてゆく月
   四季それぞれの
   星の光にふれて
   わがこころを
   あらいきよめてゆこう

     二度とない人生だから
     戦争のない世の
     実現に努力し
     そういう詩を
     一遍でも多く
     作ってゆこう
     わたしが死んだら
     あとをついでくれる
     若い人たちのために
     この大願を
     書きつづけてゆこう

  - 坂村 真民 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »