« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

チェーホフ生誕150年・国際シンポジウム・・・

ロシアの文豪チェーホフが来年で生誕150年にあたるとのことで、2010年チェーホフ祭へ向けての国際シンポジウムがあった。
国際メタカルチャー協会の方からお誘いがあったので聴きに行って来たのだが、パネラーはロシア、韓国の方だったので、舞台と観客側で通訳の言葉が飛び交っていた。

テーマは難しかったが、国境を越えての様々な意見を聴くことができて、久しぶりにちょっぴり高尚な気分になれたような気がする。

チェーホフは人生の待合室と言われることもあるようだが、少しずつ理解できるようになれたらうれしいナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

それぞれ帰国

シンガポールに行っていた長女と、アメリカに行っていた次女が、たまたま成田に同じ頃の時刻に到着したので一緒に帰って来た。

期間も、行った国も違うのにうまい具合にタイミングがあったようだ。
高島平までは電車で帰って来てもらい、駅へ車で迎えに行って、久しぶりに一家4人での外食となった。

昨日は私の誕生日だったが、二人が無事元気に帰ってきて、みんなで楽しく食事が出来たことが何よりのプレゼントかもしれないナア。

感謝。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

今日から二人・・・

先日の日曜日は、外出先で下の娘から「もうすぐ搭乗手続き開始です。行って来ます。」との携帯にメールがあった。
アメリカに行って来るとのことだったが、今日は上の娘がシンガポールに出かけて行った。

気軽に海外に行けるようになり、本当に時代は変わったものだナアと思う。
自分も経済と時間をしっかり手に入れて、自由に旅行ができたらイイナアと思う。

・・・ということで、しばらく家内と二人になってしまった。
いつか娘たちも嫁ぐ日がやってくるので、まあ予行練習のようなものかもしれないナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

二度とない人生だから一輪の花にも無限の愛をそそいでいこう

3・19駅前の交番脇の花壇に、黄色い水仙が満開だった。

ついつい日常のことに追われ過ぎていて、小さな自然の息吹を見落としがちであった。

・・・

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛を
そそいでいこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳を
かたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないように
こころしてゆこう
どんなにか
よろこぶだろう


・・・

そんな気持ちを忘れてはいけないと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

夜中にギリギリ確定申告の提出

ようやく確定申告がギリギリで完成した。
23:50に郵便局窓口で書留での受付となり、申告期限10分前での提出となった。

ここ3日間ばかりはずっと確定申告の作業をやっていた。
不動産収支と一般収支の報告資料、株式と先物取引の損失資料作りに時間が掛かったのだが、最後に住宅取得控除の申請は今まで会社でやってもらっていたものを自分で申告することになったりと、最後の最後まで時間が掛かってしまった。

毎年、早く処理しなければいけないと思っているのにいつもギリギリになってしまっている。
学習効果が出ないようではダメだナア。

来年こそは早めにやろう!
  ・・・と、今年も終わってすぐの時はそう思っているのだが、・・・。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

試験はやっぱり辛いナア

第1回セカンドライフアドバイザー養成講座の認定試験を受験して来た。

事前に2日間の研修があったのだが、講師が簡単だというのでそれを鵜呑みにして、ポイントだけ勉強して行ったら結構難しかった。

最近よく演劇鑑賞に行っている下北沢での試験だったので、気軽に出かけて行ったのだが、帰りの足取りは重かった。
・・・無念、ハハハ。

でも、先日の保険代理店資格試験といい、やはり試験というのは精神的に辛いものがある。
ただこの歳になっても学習意欲がおとろえないというのは、良いことかもしれないナア。
・・・と、自分を慰めるとことにしよう。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ワンポイント・タトゥーで保険に入れない・・・

先日受けた生命保険の代理店資格に受かったので、今日はその研修があった。

アイリオ生命という保険会社の研修だったが、ここはTVや新聞広告を行ったり、生保レディを使ったり、また全国に多くの支社を作るというようなことはせずに、その分経費を節減して月々の保険料を安くしている会社だ。
まずは娘のために保険料が安くて内容の充実した保険を自分で取り扱ってみたいというのが、今回の保険代理店資格をとる直接のきっかけでもあった。

日本の保険は経費が掛かり過ぎていること、複雑で分かりにくいため商品比較がやりにくくなっていることなどに気が付いた。

また、とても驚いたことに刺青があると保険に入れないとのことだった。
この会社は利用者サイドにたった内容が多いのに、なんとファッション感覚のワンポイント・タトゥーの他、彫りこんだアート・メークすらあると保険に入れないとのことだった。
(えっ、安室奈美恵はこの会社の保険に入れないのか・・・・・・・なんて思ってしまった。)
刺青のある人は、肝炎の発症率が異常に高いという医学的データが出ているからだというのである。

もともと保険というのは相互扶助で、多くの人たち同士で保障しあっている仕組みである。
発症率の高い人が同じ保険に入ることは公平性を欠くことになってしまうということだ。

多くの気づきと、今まであまり理解できていなかった自分の保険内容についても理解することが出来て良かった。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

高尾山ハイク&おそばにセミナー

今日は、妹、姪っ子、家内の4人で高尾山にハイキングに行って来た。

ちょうど冬そばまつりというのをやっているので、下から登って山頂付近のお店で暖かいとろろそばを食べることにした。
最近では珍しいくらいの快晴で、とても気持ちよく散策ができた。
やっぱり自然はイイなあ。

ただ、4時から八重洲にてセミナーが入っていたので、高尾から東京駅に急いで電車で向かった。
ギリギリ講義にも間に合い、相変わらずハードなスケジュールだったけど、充実した一日だったナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »