« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

少し遅れのホワイトデー

家内や子供たちからのバレンタインデーのチョコのお返しに、ここ数年は食事に招待することにしている。

普段は行くことのないような素敵なフランス料理のお店を見つけるようにしているのだけど、今年は表参道のハナエ・モリビルの中にあるルパピヨンドパリ "Le Papillon de Paris" というお店で食事をして来た。
優雅な空間の中で、ゆっくりと楽しいひと時を過ごすことが出来た。
食後はみんなで表参道を散策して帰った。

・・・たまには気取って食事にくるのも、毎日の生活の中でちょっとした変化になるので良い気分転換になるような気がする。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

花見の散策が出来たらイイナア

今日は年度末日ということであわただしかった

入金予定されていたものが一部入らなかったものもあったりしたが、なんとか一日が終わった。
まだまだ決算作業が続くし、休日出勤もあるのでがんばらねば、・・・。

さて、桜が満開になってきたようだ。
隣の公園をはじめ、近所には花見の宴会をやっている場所がたくさんある。
また、家の近くに都内としては珍しいにりん草の群生地もあるが、ちょうど桜と同じ頃が見ごろの時期になっている。

この土日になんとか時間を見つけて、お花見の散策が出来たらイイナア

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな旅の気分

今日は、自分にとって一年の中で一番仕事の集中する日だったが、なんとか無事終わった。
でもまだまだ決算業務が続いていくので、気合を入れていかなくてはならないカナ。

今夜も遅くなってしまったが、ちょっとした気晴らしに、家に帰る途中で遠回りをして、夜桜を見ながら帰った。
街灯に照らされてとてもきれいだった。
・・・・小さな小さな旅行の気分・・・・・。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

残された人生はどれくらいカナ・・・

今日は、私の誕生日、52歳になりました。

さて、残りの私の人生はどの位あるのでしょうか?
・・・1/3、1/4、1/5・・・。
今、子供達も元気に育ってくれた
親としての責務を大分果たしたのではないかと思って

いる。
そろそろ残りの人生を悔い無きように、自分の思うよう

生きて行っても良いのではないだろうか。
何か新しいことを考える時、不安が常につきまとうもの
ではあるが、目の前の現実から逃げることなく、前向
きにトライして行こう

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

少々疲れた

朝「少々仕事に疲れた。」とつぶやいたら、終日中疲れてしまった

カラ元気でも、朝一番は「今日も一日、頑張るゾ」と自分に言い聞かせなくてはいけないかと思う。
決算業務も溜まっており、忙しい日々が続いてしまうが、ポジティブ思考に切り替えて行かねばといけないナア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

3ケ月遅れの新年会

友人二人と秋葉原で飲んだ。
友人の海外出張やインフルエンザ、当方の海外旅行といったことが重なり、3ケ月遅れの懇親会になってしまった。

私は、時間どおりに会社を出れず、結局30分遅刻してしまった。
既に二人は飲み始めていたのが、まずは最初に私から仕事で分からなかったことを教えてもらった。
流石、説明がうまい
色々なことをたくさん知っているのだが、知っているだけではなく、その説明がとてもうまい。
これが彼の素晴らしさだ。

・・・今、斎藤茂太さんの「いい言葉はいい人生をつくる」という本を読んでいるところだが、知らないことを聞ける人を増やすのが、自分の人生を豊かにするという部分がある。
まさにその通りだと思う。

二人に自分の無知をさらけ出しながらも、有益な楽しいひと時を過ごすことが出来た。
そんな友人を大切にして行きたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

ベランダにも春のきざし

東京もさくらの開花宣言が出たので、今週末は自宅の前の公園で花見ができるかと思っていたが、まだ少し早いようだった。・・・残念。

でも駅前の花壇の水仙は黄色い花で一杯になっている。
我が家のマンションのベランダにも少しずつ草木のつつぼみが出だしてきていてるので、楽しみだナア。

夜は、我が家のプランターで育った「ふきのとう」と「たらの芽」のてんぷらを食べた
どちらも春の息吹を感じる食材で、とてもおいしかった。
季節を感じられるって、とてもうれしいナア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

自然と涙が潤む

溜まった仕事もあり、今日は休日出勤することにしたが、会社に行く途中の電車の中で、日経新聞に掲載中の女優・宮城まり子さんの「私の履歴書」ねむの木学園の話に涙が潤んでしまった。

名も無い作業服姿の方が講演先のホテルに訪ねて来て、15百万円のお金をねむの木学園のために使って下さいと申し出たとのことだった。

私らがせんならんことを、まり子さんばかり苦労をかけて。
家内も娘も喜んでおります。どうぞお受け取りください。
このお金は、私らが一生懸命働いて貯めたお金です。
ちゃんと税金も払ってあります。
どうぞ使ってください。
お願いします。」
とあった(記事より)。

たぶん自分達がコツコツ貯めたお金を差し出したのだと思う。
それを家族して望んでいることもうれしかった

ちょっと電車の中で恥ずかしい気もしたが、まだ自然と涙が出てくる自分がうれしかった。
自分もいつか施設をめぐってのボランティア活動をして行きたいと思っている。
宮城まり子さんほどのことが出来なくても、何かの人の役に立つことが出来たらイイナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月23日 (金)

ポジティブに時間管理をしたい

今月末は決算にあたり、仕事も忙しくなりだしている

プライベートでもセミナーの予定や学んでみたいことも多く、時間のコントロールを上手にやらないと消化不良を起こしそうな雰囲気である。

ただ忙しい時に味わえる充実感もあるので、ポジティブにとらえてトライしていければイイナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

たまには昔に帰って・・・

朝、家内に駅まで散歩がてら送ってもらった。

ちょうど子供たちが春休みで、朝バタバタすることがないので、健康の意味も含めて、一緒に駅まで来てもらうことにした。
来月から長女が就職すると、また朝があわただしくなるような気がする。

木のつぼみや公園のすいせんを見ながらのちょっとした会話で夫婦のコミュニケーションの一助にもなるのかと思う。
ちょっと照れくさい表現だが、朝の小さなデートかな・・・・。
お互い50歳にもなってデートではないかもしれないが、たまにはそんな気持ちも思い出さなくてはいけないかなという気もする。

・・・★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

たくさんの勇気と元気をありがとう

通勤途上でお会いしていた目の不自由なTさんと2ケ月ぶりに会って、今回のTさんの就学のお祝い会を二人で行った。

頼んだおつまみも目が見えないために、分かりにくかったようだ。
我々にとって当たり前のことでも、目の不自由な方にとっては分からないことがたくさんあるということを、しばらくぶりにお会いして、またそのことを思い出した。

なお、Tさんはあんまの技術を学んで、お金儲けをしたいということではなく、社会に少しでも貢献する接点にしたいとのことだった。
・・・私も何かお手伝いできる機会が持てるとイイナア。

私はTさんからたくさんの勇気と元気をもらうことが出来て、とても感謝している
4月からは奥様と離れて、単身での寮生活が始まるとのことで、大変かとは思うが、私もTさんを見習って前向きトライして行きたい。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月20日 (火)

久々の二次会

歓迎会があり、久しぶりに二次会まで参加して、2時まで飲んで帰った。

翌日は、田舎から親戚の人が来て、朝早くから墓参りの予定もあたりして、少々きつかったが、まだまだ体力が持ったので良かった。

まあ、たまにはハメを外してワイワイするのもイイッカな。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

当たり前のことに感謝

2ケ月ほど前まで朝お会いしていた目の不自由なTさんから連絡があった。

2月初めに会社を辞めてから、インフルエンザにかかってしまったとのことだったが、今は就学や単身の引越しに向けての準備に追われながらも、毎日元気に訓練に励んでいるとのことだった。

また、録音機再生音と音声を、ひとつのヘッドホンから出力するようにしたり、パソコンの設定に苦慮している様子で、我々には当たり前にできていることでも、Tさんにとっては色々時間が掛かってしまうようだ。

昨日私は、思うように自分の時間をコントロールできないでイライラしていたが、Tさんに比べたらずっと苦労もなく楽をしているではないか!!
・・・自己反省しなくてはいけないナア。

また、最近急に寒さが戻ってきてしまったことについて、「杖を持つ手もかじかんで、少々厳しいときもあった。」とのこと。
・・・普段気がつくことはないのだ、当たり前のことでも、便利な環境にいることに対して感謝しなくてはいけないと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

実戦力のある話が出来たらイイナア

今年は、フィナンシャルプランナー(FP)資格を取って、実戦力のある説明ができるようになりたいと思っている。

そういう気持ちもあって、今、色々な資産運用について学んでいる
今日は、「不動産投資講座」という2日間にわたったセミナーのDVDを半分ほど見た。

色々な手法があるものだと勉強になったが、人のためにもなるし自分にも生かせたらイイナア・・・。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月17日 (土)

行動に移せるかどうかが成功のカギ

インターネットマッケッターと呼ばれる起業家6人によるセミナーに、丸一日参加して来た。

23~30歳という若さで色々な苦労をしながら、みな1億円以上稼ぎ出している人達の話で、とても面白かった。

元ミュージシャンや双子の子供を抱きながら携帯ビジネスにトライした主婦の人、車の中で2ケ月生活してスタート資金を作りだした人、ぼんぼん生活から突如の倒産による悲哀の状態からスタートした人などユニークな講師陣だった。

6人のメンバーが口を揃えて言っていたことは、
「インターネットビジネスというのは、誰にでも手軽に出来ることであり、リアルビジネスのように多額の資金が必要な訳ではないのでほぼノーリスクのものなのであって、成功するかしないかは、ただ行動するかしないかだけである。ぜひトライしてみてください。」ということだった。

自分の子供のような年齢の講師陣であったが、役に立つ話が多く、大変中身の濃い充実した一日だった。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月16日 (金)

初雪・・・

会社に出社すると窓の外にチラチラ雪が降っていた。
ほんの少しの間だけだったので、果たしこれで雪が降ったことになるのだろうかと思っていたら、「観測史上最も遅い初雪」とのことだった。

1月に新宿や渋谷などで降雪がみられたらしいが、「記録」となるには千代田区大手町で観測されることが必要とのことなので、大手町のすぐ近くにある会社(住所は丸の内)から確かに雪を見るとことができた。
これで雪なしの年にならないで済んだが、これから異常気象がどんどんやってくるのかもしれない。

コンクリートの街中を歩くだけでなく、もっと自然を身近に感じて行きたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

天気のいたずらはどうなることやら

今月の初め頃は暖かい日が続き、桜もすぐに咲いてしまうのではないかと思うほどだった。
ただ、ここ数日はとても寒い日が続いている

東京では今年まだ一度も雪が降っていないが、予報では週末は雪が降るかもしれないとこと・・・異常気象のレッテルを張られたくないので、私としては雪が降ってくれると良いナアという気がするのだが、木々のつぼみをみていると若葉や早く出て来てくれるのも楽しみのような気もする。

雪も良し、若葉も良し・・・
    ・・・さてさて、自然の神様はどうすることやら・・・・。
・・・天気のいたずらも、楽しめるようになれたらイイナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

娘の卒業・・・親もひと区切り

仕事が終わってから、急遽人と会う約束が出来て、家に着いたのは11時過ぎになってしまった。

今日は長女の大学の卒業式だったので、袴姿のままで待っていてもらった。
一緒に写真を撮ったりしたのだが、大学卒業は親にとっても一つの区切りだと思う。
ここまで元気に、そして良い子に育ってくれたことに感謝したい。

・・・肩の荷が少しおりたような気がする
これから社会人として大変だけど、頑張っていってほしいと思う。

・・・★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

1週間ぶりに仕事に復帰

本日より1週間ぶりでの出社となった。

どこまで仕事が溜まっているか気がかりだったが、なんとか仕事も目安をつけることが出来た。

いっぱい休みをもらったので、さあ、頑張って仕事をして行こう!!

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ツアもなかなか良かった

今回の旅行は、朝の4時から夜の10時過ぎまで出歩くというツアも多く、あまり買い物などの自分の時間を取れなかったが、ツアでなければ行けなかったようなところも幾つかあり、ツアを上手に利用できた良い旅行だったと思う。
また今までの自分の持っていた常識をちょっと振り返って考える場面もあり、海外旅行ならではの良さも感じることができた。

私にとっては久びさの海外旅行だったが、また時間が取れれば出掛ることだ出来たらイイナアと思う。

さあ、明日からまた仕事が待っている。
頑張ろう!!

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

風まかせの気球の旅

今朝も4時にホテルを出発して、気球に再トライした。

今日は天気にめぐまれて、気球からは遠くの方まできれいに見え、また眼下にはカンガルーやワラビーが走っているのが見えた。
20人乗りの大気球で、風任せの大自然を満喫する楽しい小旅行となった。

フーテンの寅さんにあこがれている私は、いつか自分も風任せの旅をしてみたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

生まれて初めての天の川

朝4時にホテルを出発して、気球ツアに参加した。

2グループに別れて、まず第一グループの人達が乗り、これを無線や目を使って車で追いかけて次の第二グループの人が乗り移るというスタイルなのだが、第一グループのフライトが風に流されてしまい、2回目のフライトは流されすぎてしまって、次は山になってしまい着地できないということで、中止となってしまった
朝4時から活動していたのに残念だったが、明日、再度トライすることにした。

その後ケアンズの街にもどって、家内と子供達は免税店で買い物をすることになった。
私はブランド品には全く興味がないので、みんなと別れて一人で街をぶらつくことにした。
地元のマーケット市場を見つけて覗いてみた。
フルーツや野菜、雑貨品を小さな子供達が手伝いながら商売をしていた。
観光以外の地元の生活に触れ合うことができてとても良かった

午後は、天空の城ラピュタツアに参加し、映画のモデルとなったと言われている場所を見て回った。
廃墟城や土ほたる、ラピュタに出てくる巨大な木などを見て回るツアだったが、夜空を見上げると満天の星空だった。
生まれて初めて天の川を見ることが出来てとてもうれしかった。
まさに幾つかスタジオジブリの映画の場面に遭遇するようなところに行くことが出きて、とても素敵なツアだった。
暗闇を歩いて行く場面が多かったので、とても個人では体験することが出来なかったのではないかと思うので、ツアならでは良さを体験できたと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

火起こしゲームに参加

キュランダ村へのツアに参加する。

乗りたかったクラシックな鉄道は台風のために動いていなかったので、変わりにスカイレール(ケーブルカー)で、眼下に広がる世界遺産にもなっている熱帯雨林の大自然を見ながらののんびりとした旅となった。
動物園では定番のコアラの抱っこの写真をとってもらう。

夜は原住民の文化を伝承するジャプカイショーを見ながらのディナーを取る。
ツアガイドさんからはショーの中の火起こしゲームに参加するように勧められて、次女がこれにトライした。
言葉が通じない中でも、積極的にエンジョイしていく娘を見て、うれしかった。
娘は参加記念にショーに出ていた人たちからのサインの書いてあるブーメランをもらうことが出来て、とても良い想い出となった。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

海の中の新しい世界

今日はグレートバリアリーフにあるグリーン島へ船で渡った。

もともと普段はメガネをかけているので、水中メガネを使うことはほとんど無かったが、今回初めてシュノーケルを使って海の底を覗いてみた
視力も0.1以下なので、あまり期待していなかったのだが、サンゴ礁やきれいな魚を見ることができた。
・・・ラッキー!
海の中の新しい世界が開けたような気分だった。

楽しい遊びが一つ増えた。
またトライしてみたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 7日 (水)

晴れたらイイナア

成田でのケアアンズ天気予報は4日間雨とのことだったが、着いてみるとまずまずの天気の様子のようだ。

ケアンズの天気予報は全くあてにならず、ちょっと先で雨が降っていても、自分のいるところは晴れていたりするとこともあるほどだという。
へ~え・・・と思いながら、これから天気にも恵まれるとイイナアと思う。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

ブログもちょっと休暇となります

長女が来月4月から就職する。
私立学校の英語教師になることになったが、土曜日は授業があるし、新人教師はクラブ活動もしっかり受け持つとのことで、土日の休みもなかなか思うように行かないようだ
そんな事情もあって、家族で長い旅行ができるのもこれが最後だろうということで、今日からみんなでオーストラリアに行くことにした。

このブログも毎日、遅くとも翌日までに書いて来たが、今日から来週の月曜日までは一時休止にさせてもらおうと思う。
帰って来てから、まとめてそれぞれの日を記入することにします。

・・・楽しい想い出の残る旅になるとイイナア

...★★★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

素敵な本とのめぐり合い

昨日、新潟に行った帰りに、六日町インター近くの蕎麦屋敷"ぶな苑"というところで、おそばを食べた。
・・・固めの黒い太麺の手打ちそばで、そば好きの人にはお薦め。
なお、お店には「一人散歩」というとても素敵な写真集がおいてあった。

六日町の地元の方が、六日町の風景や小さな命にさりげなく焦点をあてた心休まる写真集で、「二度とない人生だから」の詩に相通じるものを感じた本だった。
とても素敵な本だったので欲しくなり、帰ってからアマゾンで本を探したが見当たらず、結局直接著者の方にメールを送ることにした。

著書の方からさっそく「見ず知らずの人からの感想が一番嬉しいです。」というコメントに添えて、本を譲ってもらえることになった。
一般書店には出していないとのことだったので、積極的に照会してみて良かった

・・・本が届くのが楽しみだナア。

・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

残された時間を大切にしたい

昨晩は、そのまま一泊させてもらったが、全部で24名が寝泊りしたとのことだった。
流石、田舎ならでは家の広さだ。
でも、しばらくすると娘達も東京の職場や他県での大学生活にもどることになる。
長女も春には結婚して嫁いで行くとのことで、この広い家も彼一人になってしまうと思うと、ちょっと寂しい気がした。

また葬儀の挨拶の中で、
「結婚して初めの1年位は口論することも多少あったが、その後はそういうことも全くなく、両親や子ども達にとてもおおらかに接してもらい、本当に良い家内であった。」
と話ていた。
短気な自分には痛い言葉だった。
今回の葬儀では色々考えさせられることも幾つかあったが、自分も二度とない人生だから残された時間を大切にしていくようにしたいと思う。

・・・★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

聞いている私もうれしかった

お通夜に参列するために、車にて新潟・六日町に家内と二人で向かった。
たんぼや道端にはほとんど雪がない
昨年の今頃は3メーター近く雪が積もっていて、2階から出れるほどだったとのことだった。
東京にいるとここまでの自然の変化の違いを肌身で感じることはないのだが、異常気象は着実に進んでいるのだろう

さて、夜の6時から自宅でのお通夜となったが、東京のように多くの人がお焼香に来るということではなく、予め声を掛けて来てもらった人達と故人を偲んで会食をするというような形だった。
顔見知りの人はいなかったが、故人のお兄さんや、友人の職場の校長先生・同僚、娘さんの勤める病院の理事長である医師の方などとゆっくりお話することが出来た。
みなご家族の人柄の良さを褒めいて、聞いている私もうれしかった

今回我が家の子ども達は来れなかったので、またひと落ち着きしたら一緒にお線香をあげに来ようと思う。

...★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

彼女にとってステキな人生だったと思う

夕方、友人の奥様が亡くなられた旨の連絡があった。

奥様は家内の友人でもあり、とても残念ではあるが、本当の私の気持ちは良くここまで神様仏様が、ここまで命を与えてくれたという感謝の気持ちの方が強い。

今から16年ほど前に脳腫瘍が出来てしまい、本来なら数年の命だと心配していた。
当時我が家と同じ年頃の小学生の娘が3人がいて、万が一のことを思うと可哀想でに思えて仕方がなかったが、その娘たちもりっぱな大人に育ってくれている。
ここまで命を与えてもらったことに私は感謝したいと思っている。

ご主人は、私が以前の会社にいたときに出入りしていた営業の方で、奥様は家内と会社の同期生だった。
その後友人は、新潟で小学校の先生になったので、家族で新潟に泊りがけでよく遊びに行かせてもらった
田植えや稲刈りを手伝わせてもらったり、おばあちゃんに山菜狩りや畑に連れて行ってもらったりもした。
家族での楽しい想い出がたくさん出来た

彼女にとってはとても良い人生だったと思う

・・・人は人生の長さを誰もわからない
私もこの先どれくらいの人生が残されているのかは分からない。
悔いなきような人生が送られるように頑張りたいと思う。

ふと私の好きなジェームススキナーが話していた言葉を思い出した。
・・・人生死ぬ時、最後に悔やむことは、
「あの時なぜあんなことをしてしまったのだろうかということではなく、
なぜあの時自分は思ったことをやらなかったのだろうか
ということだそうだ。
自分の気持ちを大切にして、前向きにトライしていかなくてはいけないと思う。


・・・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

娘とバッタリ

駅から家に帰る途中の信号待ちで、娘とバッタリ一緒になった。
私は徒歩、娘は自転車だったのだが、「かばんを持って行こうか?・・・カゴに入れなよ。」と言ってくれた。

・・・ふと昼間、会社の同僚との会話を思い出した。
「来週は家族で旅行に行くので休みをもらいますね。」という話になったところ、
「今どき娘さんが一緒に旅行に行こうなんて言ってくれるだけでありがたいんじゃないの...」とのことだったが、最近の風潮はその通りかもしれない。

父親に対して昔のような威厳が無くなったのかもしれないが、今はコミュニケーションを取って理解し合うことも大事なのかもしれないナア。

・・・★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »